デザイン

デザイン 2020.10.16

リースラインで「得する人」「損する人」

 

商業施設に出店する際、リースラインという言葉を耳にするかと思いますが

今回はその「リースライン」のお話し。

(リースライン:賃貸区画はここまでと決められている境界線のこと。)

 

よくある商業施設のリースラインと言えば、下の写真のイメージかと思います。

リースラインのツラにお店の垂れ壁があり、リースラインの中に家具などを配置する。

よく見る形はこれだと思います。

 

ところが最近クライアント様より預かった指針書には、新しい形のリースラインが記されていました。

(今までにもあったみたいなのですが、僕は初めてでした。)

(※イメージです。写真の店舗と関係ありません。)

 

リースラインが店舗の垂れ壁よりも前面に出てきている形。

その資料を最初に見た時は新鮮でした。

環境通路側に什器が出てきている様なイメージになります。

今までの「キッチリとした区画と見せ方」ではなく、どこか賑やかさを感じたりお店のPRもしやすそう。

施設自体の地域性も出せそうなので出店者にとっても「得する」ルールではないかと感じました。

 

しかし、今回ご相談をいただいたクライアント様の捉え方は違うようで「損した」気分だとおっしゃっていました。

理由としては、環境通路側の仕上げの一部を店舗側が作らなくてはいけない。(例えば照明器具など)

確かに作らされてる感ありますよね。(^-^;笑

 

リースラインから垂れ壁下までは家具などの高さ制限がある為、自由度に欠ける。など

(これに関しては、リースライン付近では大体高さ制限あります。)

 

お店の陳列方法に対して、条件があまりハマっていないようでした。

 

お店の商品やお店自体をどう見せるかによって、「損」と「得」の捉え方が大きく変わるんだと改めて感じました。

 

ある人にとっては「得」、ある人にとっては「損」、、、、

賃貸契約する前にこの様な事も確認をしておいた方が良いですね。

新築施設などの場合は、タイミングが難しいかもしれませんが。(^^;

 

 


CONTACT

店舗設計デザイン、空間、ディスプレイ、展示会ブースデザインについてのお問い合わせは、
お問い合わせフォームか、下記電話番号までお気軽にお問い合わせください。

Tel.078 - 220 - 9200 お問い合わせフォーム