神戸の店舗デザイン・設計 gio design(ジオデザイン)

神戸にある店舗デザイン・設計のgio design(ジオデザイン)。

ジオデザインのメモ書き

デザイン 2020.12.4

お店の価値を維持するために選ぶこと。

コロナ第3波がきたのでは??と言われ始めている昨今ですが、

さぁ、どうなるのでしょうか、、、?

また4月、5月頃のような感じになってしまうと経済もどうなるのか、、、

など考えてもどうにもなりませんが、考えてしまいますね(^^;

 

さて、Go Toトラベル・Go Toイートは感染拡大に伴い地域によっては利用制限が掛かったり、

自粛呼びかけによるキャンセル料は無料にするなど、、、うーーん、中々上手くいかないもんですね(._.)

 

このGo Toに関しては、どうなのかな?と思うことがあったので少し書きたいと思います。

 

まず、やっぱり還元率が良すぎるような気がしました。

もちろん利用する側にとっては、とても良い事だし経済を回すという点では凄く大切なことだとは思います!

ただキャンペーン終了後の反動が大きいんじゃないかなーと感じたり。

 

直近の売上には大きくプラスに働くとは思うのですが、

支払ったお金の一部が戻ってくるというのは、普段より安くでサービスを受けれるという事。

このキャンペーンが終わった時、通常の金額に戻っただけが変に高額に感じられてしまうのではないのかな??

こーゆう反動が、少なくともどこかのお店に出てくるんじゃないかなーと考えています。

キャンペーンに参加するにしても先を考えてから判断した方がいいような気がしていました。

(店舗が参加することやキャンペーン自体を否定してるわけではないです。m(__)m)

 

因みに妻にこの話しをしたら「反動なんか無いやろ!」とボコボコにされました。(;´Д`)

まぁ、それも一つの意見ですよね。

 

ただ、最近何かのニュースで星野リゾートの代表が「反動が、、、」というお話を少しされていたのを見て、

これだけの人物が言っているのだから間違っては無かった!と

ドヤ顔気分になったのはここだけの話しにしておこう。笑

 

最後に、先日あるお店の打合せに行った際Go To イートの話しになりました。

「キャンペーンに参加しているのですか?」と質問したところ「参加していない。」と。

キャンペーンに参加することで、いつも以上にお客さんが来ることに対するサービス低下を避けるためのようです。

売上も順調に回復していたこともあっての選択とのこと。

恐らく、ここの店舗に合った判断なのだと思います。

 

やっぱり普段から営業のスタンスをしっかりと決め、目標に向かってコツコツと進んでいく事が

後に大切な判断をする為の材料になってくるのだと改めて感じました!(^^)

 


 ブログ一覧 

PROJECT

gio designが取り組んでいるプロジェクトのご紹介。

  • IMAGINE

    gio designが考えるお店のデザイン。デザインしてみたスタイルのご提案。

  • remodeプロジェクト

    株式会社モード・ナカムラとの共同プロジェクト「ReMODE(リモード)」。

  • TUMUGI PROJECT

    おいしい!が彩る、笑顔の時間をつむごう。TUMUGI PROJECT

ページのトップへ